【平尾正和さんのイベントについて】

こんにちは、北浜にある画廊喫茶フレイムハウスをどうにかする阿守です。


7月21日(金)に開催されるイベント【新進気鋭の小説家 平尾正和は語る】についてのお話しましょう。


この度、平尾正和さんの小説「アラフォーおっさん異世界へ!! でも時々実家に帰ります」の書籍化が決定いたしました。出版社や発売日の情報解禁はまだ先ですが、僕はこの宣伝活動を最大限に応援していくつもりです。平尾さんにとってのゲッペルス宣伝相ですね。


この作品は「小説家になろう」というサイトにて現在も連載されており、そちらでお読みになることができます。


詳しくは平尾正和さんのウェブにて確認していただければ幸いです。


http://hilao.com/


僕の友人で海外を飛び回り、車ばかりを売りさばく太っちょも絶賛する作品です。僕もイベントの21日までには、完全読破しておくことをここに宣言いたします。


それにしてもいきなり有名になったもんだね、何か下積みのようなものはなかったのかい?と僕が問うと、自分の名義ではないが違う名義で官能小説を二本ほど書いたとのこと。


そいつは面白いじゃないか、是非ともその官能小説を読ませてくれたまえ。何?前のバンドに気を使ってるからだって?バカなことをいうんじゃない、多様性に富むことこそ文化や芸術の成熟に寄与するのだよ、強制された管理社会からじゃ何も生まれやしないのさ。

スタローンだってマドンナだって、そうじゃないか。今村昌平や唐十郎だってそう。なんとかこういう仕事をしたいから、そのキッカケのために体当たりでチャレンジすることは称賛に値することだよ。別に他人にどうじゃこうじゃといわれる筋合いは全くない。


僕か?僕なんてのも小遣い稼ぎのために、偽名で記事を書いたりした。僕の場合は自分たちで作った会社がバカ野郎ひとりの行動で吹っ飛び、優雅な生活から一転、明日を生きていくことすらままならない状態だったのだ。


http://edyclassic.com/writer/21/


これなんていうのは、その日を生きていくために書かせてもらったものだ。


21日のイベントでは平尾さんと懇々と話すのだ、僕たちのこれからの展望について!


転がろう、転がろう、転がりさえすれば、苔は生えないものさ。

フレイムハウスは本日も昼から転がり続けております。


[PR]
Commented by 故原 心 at 2017-07-17 21:34 x
超お久しぶりです、落ち着いたら行かせて頂きます。
Commented by 阿守 at 2017-07-18 11:29 x
超お久しぶりです!

あなた、今朝オフィスに電話をかけてきたでしょう。ダメですよ、よっぽど急ぎの要件でもない限り、そっちに連絡しちゃ!

受付のお姉さんには、暗殺者からの電話ですと答えておきました。随分と、恐れおののいておられましたw
by amori-siberiana | 2017-07-17 11:37 | イベント | Comments(2)


北浜のビジネス街にある、昭和レトロなカフェのブログです。            大阪市中央区淡路町1丁目6の4 2階上ル