【総帥が巷で評判のバーへ偵察に行く!砂漠のキツネ作戦 8月4日発動】

北浜にある猫のひたいのような小さなカフェ、その名も画廊喫茶フレイムハウス。


版画家の柿坂万作と、音楽家の阿守孝夫が共同で経営する、それはそれはおかしな喫茶店(?)。建築法や消防法の基準が少しでも変われば、瞬時にして消え去りそうな建物の二階に陣取って、鐘や太鼓を打ち鳴らし、ゼニはないか?捨てるゼニはないかぁ~?と二人で望遠鏡をのぞきながら北浜の道を観察中。


そんなカフェの経営者の片割れの阿守孝夫が、8月4日にいよいよ打って出る。


斥候である。そう、スパイである。


8月4日、大阪のミナミ(難波)にあるミュージック・バー「S.O.R.A」にてゲスト出演させていただくことになりました。なんでこんなことになったのかというと、それはやっぱり昨日の演奏会の評判が著しく良かったからです。


つまり、昨日のご来場者のかたの責任でもあるわけです。


演奏者が三人、日本海に向かって演奏したとしても、評判なんて飛ばないし広まらないし、波のしぶきの「ざっぱ~ん」で終わりですから。


という顛末がありまして、8月4日(金)にチェリストの斎藤さん、そして戦友でギタリストの真鍋さんのストリングス・デュオ【BLOID】の公演に1~2曲くらいゲスト参加させていただくことになりました。


ちょうど夏の課題がリトアニア舞曲だったわけで、課題提出にはちょうどよい頃合いでしょう。


フレイムハウスでは雄作さん出演の2日~3日(王子の凱旋)の千秋楽が終わった次の日ということで、僕は音楽の神アポロンと音楽を競い合って、生きたまま皮膚をはがされたマルシュアースのようになっているかも知れませんが、それならそれでいいでしょう。せっかくのお誘い、ありがたく拝命いたします。


皆さまの「S.O.R.A」へのご来店、心よりお待ちしております。


当日、画廊喫茶フレイムハウスは万作さんにすっかり任せます。二次会と反省会はフレイムハウスでするつもりじゃ!





詳細はこちら


◆http://www.joyful-noise.net/sora/index.html (バーのホームページ)

◆http://bloid.jp/ (BLOIDのホームページ)


※バーのホームページのスケジュール。

BLOIDのアーティスト写真のところ、三人目のメンバー写真があって、このユーモア満点なのが僕の写真なんかな?と思ったら、オープニング・アクトの方だったのですね。今朝のことやのに、仕事が早いなとビックリしてました。


d0372815_12453350.jpg

[PR]
by amori-siberiana | 2017-07-28 12:46 | イベント | Comments(0)


北浜のビジネス街にある、昭和レトロなカフェのブログです。            大阪市中央区淡路町1丁目6の4 2階上ル