【冥途・イン・ヘヴィメタル 平尾正和先生の叫び】 /11月7日(火) 19時頃から ※予約不要

田舎から出てきたヘヴィメタル青年が、いつの間にか小説家としてデビューする日がこようとは、本人すら夢にも思ってなかったであろう。


先日、華々しく文壇デビューを飾った平尾先生が自身のルーツでもあるヘヴィメタを語りつくすイベント、それが「冥途・イン・ヘヴィメタル」。


古今東西、あらゆるヘヴィメタの名曲を選りすぐって、誰よりも熱い魂で各曲の解説や思い出話を平尾先生がします。インタビュアーにはもちろんこの人、平尾先生の盟友であり気心の知れたヒゲの男。10代後半から20代前半の社会人として一番重要なとき、この二人はどんな未来を描いていたのか、乞うご期待。


格好悪い、ダサいの代名詞となっているヘヴィメタルを文学界から救うボランティア活動です。


クラシック音楽ならば出町柳の柳月堂の二階で聴け、ヘヴィメタル音楽なら北浜の猫のひたいの二階で聴け、と言われるようになるであろう。


※特別ゲストで電気工事士の男が来るかも知れません。


入場無料。予約なし。


(平尾先生)親や子供がいる奴は、こんなイベントに来るんじゃねえ!汚れつちまつた悲しみに今日も風さへ吹きすぎる。


d0372815_19453848.jpg

[PR]
by amori-siberiana | 2017-10-17 19:46 | イベント | Comments(0)


北浜のビジネス街にある、昭和レトロなカフェのブログです。            大阪市中央区淡路町1丁目6の4 2階上ル