【王子の降臨 When I Die, I Shall Go Up To Heaven Like That Bird (前編・後編)】 /2017年12月16日(土)~17日(日) 19時ころから

2017年12月の16日と17日、北浜クントコロマンサにあの男が帰ってくる。あの男が宣言どおりにやって来る。


悪魔のバイオリン弾き、またの名を誰が呼んだか知らないが、王子。


そう、バイオリン、土屋雄作。


共演には自身を北浜のチェゲバラと自称する稀代の詐欺師、阿守孝夫。さらには、電気工事士としてその名を大阪の行政に轟かせる山本周作。そしてそして、先日、華々しい文壇デビューを飾った新進気鋭の小説家、平尾正和先生をお迎えしての豪華な二日間にわたる特別公演となります。


もちろん、クリスマスソングは弾きません。もっともっと寒々しいシベリア音楽をたらふくご堪能ください。


入場はもちろん無料。出演者の交通費と宿泊費がまかなえるくらいの寄付があれば十分です。


予約の受付開始は、それぞれ一週間前の12月9日と10日の正午より。


takaoamori@yahoo.co.jp





When I Die, I Shall Go Up To Heaven Like That Bird


いつか僕が死ぬとき、あの鳥のように天国へ昇っていくんだよ


※作家エドワード・ゴーリーが描いた「敬虔な幼子」という絵本にて、主人公であるヘンリー・クランプ少年のセリフ。


d0372815_13391751.jpg


[PR]
by amori-siberiana | 2017-11-07 13:40 | イベント | Comments(0)


北浜というビジネス街を独立させようと企む、ヒゲの総帥のブログです。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31