2018年 元旦 ◆謹賀新年、クントコロマンサよりご挨拶。

旧年中は大変お世話になりました。皆さまよりのご愛顧はなにものにも代えがたき幸せでありました。


明けましておめでとうございます、北濱にて猫のひたいのように小さな店。クントコロマンサを経営するヒゲの総帥こと、阿守のブログです。


旧年中は大変お世話になりました、また本年からもどうぞ宜しくお願いいたします。


まずお詫びをしなくてはいけない。大晦日は皆でへべれけになって幻の酒を飲みながらギターを弾こうと約束していたのだが、それを果たすことができなかった。楽しみにしていた諸君には申し訳ないことをした。ごめんなさい。


さて、昨日の大晦日のこと。ヒゲの総帥は昨今では経験のないくらい不快極まりない大晦日を経験することとなった。新年早々、不愉快なことを記さなくてもいいようなものであるが、そんなご都合主義のスタンスを良しとしていたのではこのブログの魅力は半減してしまうであろう。起きたことを起きたままに書く、それがヒゲの総帥のブログを書くモチベーションとなる。第一、不機嫌なことが起こらない物語など退屈を助長するだけのものである。


ヒゲの総帥は夕方すぎに店へ向かう。「こんにちは」とヒゲの総帥は声を掛けるが版画家の柿坂万作はいよいよ挨拶すらしない。ヒゲの総帥はギターの弦を古いものから新しいものへと交換する、交換が終わりチューニングを開始すると万作は唐突に店内に音楽を鳴らしはじめる。見え透いたボイコットで、まるで子供のようだと呆れるがヒゲの総帥は構わずにチューニングをして、リハーサルを始める。


星師匠が年末最終日だというのに休みを返上して手伝いに来てくれるが、万作は星師匠に対して感謝もなく「うーん、ワシの予定では今日はなんもないんで、手伝いはいらんのです」という。星師匠が椅子の用意をしていると「うーん、今日はようけ人が来たりするんですか?ワシの予定では今日は静かに年を越そういう予定ですねん」と面倒臭そうにいいだす。


ユージがやって来て常連のガルパンの男もきている。ユージが食事のオーダーをするが見え透いた無視をする万作、見るに見かねた星師匠が仲介に入り厨房の万作へ伝える。「うーん、食べもんを作る予定がなかったんでご飯炊いてないんですわ。焼きうどんとかならできるんやけど」と面倒臭そうに答える。ユージは「ほな、焼きうどんとコロマンサできますか」とオーダーすると、「やから、ご飯ないって」と鬱陶しそうに言葉を吐き捨てる万作。


ガルパンの男がビールを注文する、万作は厨房で作りたくもない焼きうどんを不機嫌そうに作っている。気を利かせて星師匠がビールを入れようとする、ビール樽の開栓方法がわからないのでどうすればいいのかを万作に問うと、万作は声を荒げてイライラを星師匠にぶつける。


そして、情けのないことに「うーん、ワシ、もしかして酔っぱらっとる?」とガルパンの男に同調を促して、自分の自己弁護をはじめる。さらには自分がこうして星師匠に厳しくいうのは、将来どこかのタイミングでビール樽の開栓が役に立つであろう。人は学ぶことを忘れては成長がない、ワシの自衛隊の知り合いなどは…(以下省略)と取って付けたような訓示を述べる。完全ボランティアの星師匠をまるで丁稚奉公であるかのような扱いである。


喉元すぎれば熱さ忘れるという諺を生き写しにした感じである。


そこからも何度も何度もワシの予定、ワシの予定を繰り返し強調するこの柿坂万作という男に愛想が尽きたし、なにより星師匠に対しての申し訳なさでたまらなくなった。これまで常連の不思議な女をはじめ、あらゆる沢山の人に支えられて半年間ほど存続してきた店であるが、自称オーナーのこの版画家は最近、度を超えている。ワシアピールに必死なのだ。生活すべての面倒をヒゲの総帥がみても、それはつまるところワシの強運のおかげという。いろんな人が店に来るようになっても、イベントをしようにも面倒臭そうな顔ばかりをする。すんなりと良い顔をすることが一切ない。


とにかく本人がどうする気でいるのか話し合いをしてみることにした。年も改まったことである、やるべきことと個人の好き嫌いを一緒くたにして公私混同を露骨に表し、絵も描かない版画家として好き勝手に生きられたのでは困るのである。


金は出して口は出さないのが粋だとエイリアンに助言されて心に留めていたが、それもここまでである。ヒゲの総帥の我慢の糸はプツリと切れた。これは殴り合いをしなくてはいかん。


今後どうなるとしても自身が請け負ったイベントは責任をもって開催させていただくので、そこは心配していただかなくても大丈夫です。


新年早々、一休禅師のような気分である。ご用心、ご用心。



d0372815_18314000.jpg



[PR]
Commented by 青山尚史 at 2018-01-01 19:23 x
人間とは
Commented by amori-siberiana at 2018-01-02 17:58
> 青山尚史さん

人間とは人間であります。
by amori-siberiana | 2018-01-01 18:32 | 雑記 | Comments(2)


北浜というビジネス街を独立させようと企む、ヒゲの総帥のブログです。