人気ブログランキング |

【リンクス日曜、趣味のじかん】◆レジデンシャル・プレミアム対談 ~最終回 後半~

2018年8月05日(日)は多分、大雨となるであろう。それはつまり、これまでアラタメ堂のご主人がボードゲームのイベントをするときは空模様が台風とか嵐となるのが恒例になっているからという経験律から導き出された予感である。


古代エジプト、それこそファラオがいる時代。ナイル川は氾濫する。その氾濫の予兆のようなものがないかと人々は空を仰ぎ見る。そんななかで誰かは知らないが賢い人があることに気づく、川の氾濫は太陽とある強烈な閃光を放つ星が同時に昇ってくる頃に起きるということを。この発明が一体どれだけの人を救ったことであろうか、発明とはそういうことなのだ。


その星の名を人々は「シリウス」と呼ぶ。


「焼き焦がすもの」という意味なのだそうだ。何もかも焼き尽くしながら核融合を繰り返す太陽と、同じく自身を焼き焦がすシリウスとが一緒になったとき、ナイルは氾濫してそこから肥沃な土を生み出し豊穣をもたらすのである。この二つの星の熱さでパンを焼くのは、人間の知恵以外のなにものでもないのである。


さて、レジデンシャル・プレミアム対談も最終回を迎えることになる。語るのはヒゲの総帥とグッドマネジメント総合研究所の加藤利彦さんである。加藤社長はこのブログでは冷泉(れいぜい)さんという名前で有名なので、今回もそれに倣って冷泉さんと呼ばせていただくことにする。



d0372815_01111774.jpg



ー全員、飲ませまくって、ぶっ倒しますー



ヒゲの総帥:今回も東京と大阪の行ったり来たりなのに、対談どころかロシアのフォークダンス講習会へも付き合っていただきありがとうございます。


冷泉:いや、全然構わないです。僕のほうこそ・・・、二日酔いで使いもんにならんくてごめんなさい。


ヒゲの総帥:冷泉さんでも、二日酔いすることあるんですね。


冷泉:前の日の夜から朝の8時まで13時間くらい飲み続けてたんで、完全に死んでましたね。


ヒゲの総帥:さて、冷泉さん。8月の5日の日曜なんですけれど、「リンクス日曜、趣味のじかん」の第二弾が開催されることになりました。今回はワインとは打って変わって、アラタメ堂エキスポ、名付けて【哲楽】というものになります。


冷泉:なんか、ごつい感じ、ばんばん伝わります。


ヒゲの総帥:はい、今回はごついですよ。リンクスの中を10個の関門に分けることにしたんです。その10セクションのそれぞれで違う種類のゲームが行われるという感じです。


冷泉:阿守さん、ごめんなさい。僕・・・、あんまり何いうてはるんかわかってないかもです(苦笑)。


ヒゲの総帥:ああ、全然構いません。冷泉さんにもその関門の中の一つを担当してもらいたいんです。


冷泉:あ、なんでもやります。何したらええんですか?


ヒゲの総帥:はい、リンクスの中枢部にある小さなバーカウンターを「喜楽BAR」というものにするので、そこで来場者に延々と酒を放り込んで欲しいのです。


冷泉:それおもろそう、是非、やります。全員、飲ませまくって、ぶっ倒します。


ヒゲの総帥:よろしくお願いします。心強いです。


冷泉:他の関門はどないなっとるんですか・・・、全部、酒が出るんですか?それ、誰か死ぬんちゃいますか。


ヒゲの総帥:お酒は冷泉さんのところだけなので、ご安心ください。


冷泉:ぐふふ・・・。




d0372815_01154462.jpg




何語しゃべってはるんですか?



ヒゲの総帥:今回、10の関門にはそれぞれ名前が付けられています。まず、この日も例によって裏口から来場者の皆さんに入ってもらいます。


冷泉:あの裏口から入る感じ、好きです。怪しさ!


ヒゲの総帥:そのまま右回りにリンクスの回廊を歩いてもらい受付まで来てもらいます。そこで参加費の2000円(※予定)を払います。するとその参加費と引き換えに「ファラオ」というその場でしか使えないこども銀行のような紙幣を渡されます。


冷泉:人生ゲームのお金みたいなもんですか?


ヒゲの総帥:あ、そうそう。つまりそういうことです。最終的に誰がこのファラオを一番持つのかで優勝者が決まります。もちろんファラオを使って、「喜楽BAR」で酒を飲むこともできます。


冷泉:ファラオさん、自分の顔が紙幣になること知っとるんですか?


ヒゲの総帥:ええ、「光栄ですねえ」と本人は言ってましたよ。


冷泉:(笑)ヤバイじゃないですか、狂ってますねえ。


ヒゲの総帥:前置きが長くなりましたけれど、それぞれ10の関門を紹介しておきます。


①【尋牛 /じんぎゅう】


②【見跡 /けんぜき】


③【見牛 /けんぎゅう】


④【得牛 /とくぎゅう】


⑤【牧牛 /ぼくぎゅう】


⑥【騎牛帰家 /きぎゅうきか】


⑦【忘牛存人 /ぼうぎゅうぞんじん】


⑧【人牛倶忘 /じんぎゅうぐぼう】


⑨【返本還源 /へんぽんかんげん】


⑩【入鄽垂手 /にってんすいしゅ】






d0372815_01291898.jpg




以上の10の関門です。


冷泉:阿守さん、何語しゃべってはるんですか?


ヒゲの総帥:ああ、これは禅では有名で、悟りにいたる10の段階を牛を捕まえるに例えて図に示した「十牛図」から拝借した言葉なんです。以前、永平寺で洒落た座布団を尻に敷き、薄暗いなか座禅してるときにねいきなりですよ「そういうことだったのか!」と豁然大悟しました。つまり悟ったのです。


しかしながら、悟ってからが大事なので、こうしてリンクスの坂井さん(マンホー)からのご厚意やアラタメ堂のご主人からの「もう、好きにやってください」という言葉をもらい、やっと機会を得たということです。


冷泉:皆さん、ええ人ばっかりですね。ほんで、僕はこれでいうたら、どこになるんですか?


ヒゲの総帥:了解、それではひとつひとつ順番に説明しますね。



【尋牛の卓】、【見跡の卓】、【見牛の卓】、【得牛の卓】 ※通称:ファラオの回廊




d0372815_01345859.jpg




まず、受付でファラオを受け取った人たちの目に入ってくるのは、この4つの卓です。ここの担当(ゲームマスター)はファラオとナンバーワンソムリエのタッキーたちです。4~5人プレイが最適なボードゲームをする場所となります、タッキーの卓なら「スコットランドヤード・ゲーム」でしょうし、もし僕が入るとしたら「モノポリー」とかですね。


冷泉:あっ、むっちゃいい。ファラオをつこてゲームして、勝ったらその回の参加費全員分とかを勝者がもらえたりするいうことちゃいます?


ヒゲの総帥:さすが冷泉さん、察しがいいですね。



【牧牛の卓】、【騎牛帰家の卓】



d0372815_01464518.jpg



牧牛では税官吏の男が仕切る「アンロック」などの脱出系ゲーム、さらに騎牛帰家では国際大会への参加でも勇名をはせる大坪博士による「テキサス・ホールデム(7枚ポーカー)」が盛大に行われることとなります。ここでは大量なファラオが行き交うこととなるでしょう、リンクスのウォール街です。


冷泉:ファラオがなくなった人はどないしたらええんですか?


ヒゲの総帥:ファラオがなくなった人もまったく気にせずゲームに興じていただきたいのです。「ファラオ・マイニング」なる特設スペースを設けますので、そこでファラオを受け取ることができるように考えています。


冷泉:なんか、現代への痛烈な風刺を感じますね(笑)。





d0372815_01501569.jpg


ヒゲの総帥:ここがメイン会場になります、ここでは主催者であるアラタメ堂やオーナーの坂井さん(マンホー)やヒゲの総帥、さらには名カメラマンの女がおり、いろんな各種ゲームを楽しめるようになっています。窓際のテーブルにはノートパソコンがそれぞれ設置されており、外部へ向けて情報発信がなされます。もちろんのことながら、本来ここはコワーキング・スペースなのでWi-Fi環境は素晴らしいものがあります。存分に普段は最先端ビジネスに使われるパフォーマンスを堪能していただきます。


冷泉:窓際の記者クラブみたいなとこで、戦歴とか中の様子とか「#リンクス」つけて発信したら、おもろそうですね。


ヒゲの総帥:さすが、冷泉、Googleから認められた男ですな。


冷泉:ガルパンさんとか来たら、ここでずっとガルパンのアプリゲームばっかりしてそうですね。



【人牛倶忘の卓】




d0372815_02064511.jpg


ヒゲの総帥:いよいよ、冷泉の登場です。さっきの写真の右端に見えてる小ぶりなバーカウンターでは冷泉が仕切る「喜楽BAR」というものがあり、そこでアルコールを含めてのドリンクが提供されることになります。最初にいったようにファラオでの支払いも有効にしようと考えています。


冷泉:「人牛倶忘」ってどないな意味があるんですか?


ヒゲの総帥:牛を捉まえようとした理由を忘れ、捉まえた牛を忘れ、捉まえたことも忘れる。さらには忘れるということもなくなる世界のことです。この図だけには他の十牛図とは違って絵が描かれてなくてね・・・。



冷泉:丸い円はエンドレスハイボールの意味ですね。僕の卓も、ある意味ゲームですね。ケガをするかもしれないリアルリスクのあるやつ。人牛俱忘の意味、好きです。




【返本還源の卓】




d0372815_02162675.png



ヒゲの総帥:次にそのまま回廊沿いに最初にいた受付の方へ流れていくと、二つのミーティングルームがあります。最初にあるのが小さいほうのミーティングルームで、ここを返本還源の卓とします。


冷泉:なんか住民税の還付金みたいなイメージありますね。


ヒゲの総帥:(笑)確かに。ここでは乾いた笑い声で有名な不動産広告デザイナーの浦部さんが担当して、「麻雀」を楽しむ場所になります。


冷泉:浦部さん、体力もつんですか?


ヒゲの総帥:長時間労働が日常茶飯事の売れっ子デザイナーさんですから、そこは楽観的に考えていますよ。


冷泉:鬼ですねえ。



【入鄽垂手】




d0372815_02273722.png


ヒゲの総帥:最後になりましたけれど、リンクスの人狼ではおなじみのミーティングルームAです。もちろんここで行われるのは延々とずっと「人狼」です。ゲームマスターを担当してくれるのは、小説家の平尾先生とゲームセンス・ゼロの女ことアッシー。さらには朝夕の投票先を数える役目としてディエゴも招聘しようと考えています。


冷泉:人狼や麻雀で夢中になって、酒を飲みたくても部屋から出て行けんから飲まれへんみたいな人にはどないしはるんですか?


ヒゲの総帥:そういうときのために、イイデヤンスの代表取締役にウェイター役をお願いしてます。


冷泉:リンクス知ってる人も知らん人も、驚くでしょうね。ほんでそもそも、阿守さんは何がしたいんですか?


ヒゲの総帥:僕がしようとしていることは、作曲です。




d0372815_02414876.png



冷泉:さっきょく・・・、ですか。


ヒゲの総帥:はい、それは音楽ではないかも知れませんが、まさに曲です。そうだ、冷泉さんがいつも言ってる「喜楽」ってあるじゃないですか、あれってどういうことなんですか?


冷泉:喜楽は人に喜んでもらいたい、楽しんでもらいたい、そういう気持ちを相手に投げかけるいうことです。阿守さん、花咲か爺さんの話しを知ってはりますか。枯れ木に花を咲かせよういうて、灰をまき散らすでしょ。僕はその花が咲くかどうか知らんけど、あちこちに灰を撒きまわる、狂った花咲か爺さんになりたいんです。


ヒゲの総帥:つまり、僕も喜楽で狂った花咲か爺さんというわけですよ。リンクス、喜楽、作曲、言葉は違えど一緒なのかも知れませんね。


冷泉:阿守さん!僕・・・ダーツの矢を買ったんですよ。ダーツ行きませんか?





by amori-siberiana | 2018-07-04 02:46 | イベント | Comments(0)


北浜というビジネス街を独立させようと企む、ヒゲの総帥のブログです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30