【アモリのつもり 沈黙 ◆第三夜】2018年9月15日(土) 19時00分から

8月の過酷な暑さに頭も気持ちも動かなくなった、文字どおり夏バテのヒゲの総帥。そしていつの間にかヒゲの総帥本人よりも情報を飛ばしてくれる自称302才のギャラリーの女が仕掛ける、謎の演奏会。


名付けて、【アモリのつもり 沈黙(シリーズ全四夜)】。


シリーズ第三夜は「ヒゲの幻想交響曲」と題されている。


毎回、猫の目のように展示物の変わる遊気Q。そのツタの絡まる大正レトロな青山ビルにて散々冷たい麦茶を飲ませてもらうだけだったヒゲの総帥がいよいよ立つ。


入場はもちろん無料。命にかかわらない程度のチップ用の小銭があればそれで十分。是非とも奮っての皆さまのご来場を心よりお待ちしております。




そこにあるのはエアコンとギターと


ギャラリーの展示物とパイプ椅子だけ、


食べものどころか飲みものも出ない。


マイクもなければ


メロディーすらない。


あるのは完全和音と


不完全和音の響きと、ヒゲだけ。


ヒゲの総帥こと


阿守孝夫という男は、


果たしてミュージシャン


といってよいのだろうか。



お問い合わせ


takaoamori@yahoo.co.jp



d0372815_19110974.jpg

[PR]
by amori-siberiana | 2018-08-24 19:11 | Comments(0)


北浜というビジネス街を独立させようと企む、ヒゲの総帥のブログです。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31