誰も解決できない問題、解決します







この度、ヒゲの総帥は探偵社を始めることとなった。


名前を『フィリポ・ロマネスク探偵社』という。(Filippo Romanesq)


この探偵社は巷にある探偵社や興信所とは一味違う。そもそも探偵をするのに資格は不要であり警察署を通して公安委員会に開業届けを提出するだけでよいのだが、その専門的な知識を学ぶための学校というのは存在する。


ところがこの探偵社のヒゲの総帥はそういったノウハウはまったくない。


人探しはできるだけやってみる。対象者の行動調査は時間に余裕があれば姿を隠さず堂々とやろう。詐欺師たちの身辺調査についてもそれなりにこなそう、浮気調査などは元よりするつもりもない。洗脳に関してはするのも解くのも得意である。


だが・・・


そもそも、ヒゲの総帥の大好きな夏目漱石は探偵という仕事を盗人と同じくらい卑賎なものだと酷評しておるので、ヒゲの総帥もその評に従う。なんといっても元は1000円札だった人なのだ。尊敬に値する。


では、この探偵社はなにをするのか。


この探偵社は皆さんが無くしたものを見つけたり、皆さんが失ったものを探したり、求めているものを手に入れてくる探偵社。


意味がわからないであろうが、今のところはそれでよいのである。


将棋の相手をしてくれとか。月を手に入れて来てくれとか、毎日がつまらないから解放してくれとか、遠く遥か昔の記憶を取り戻してくれとか、大歓迎。


ヒゲの総帥もきちんとした名刺を持ち、髪の毛にも櫛を入れて、チラシも作って世に打って出るつもりなのである。


フィリポ・ロマネスク探偵社は失われた時代に突如として現れた、奇跡の探偵社なのである。


駆け込み寺はどこにある?ここだ。助け舟はどこにある?もちろんここだ。


※探偵費用のお支払方法


フィリポ・ロマネスク探偵社の口座番号が書かれた紙をお渡ししますので、そちらへ好きなだけお支払いください。相場も固定料金もありません。


◆フィリポ・ロマネスク探偵社が他社と違うところ


◇調査に新幹線や飛行機は使いません。長旅が必要な場合は青春18きっぷや深夜バスを使います。リーズナブルです。


◇ギターが弾けます。


◇フィリポ・ロマネスク探偵社にはあらゆる分野に精通したアマチュア探偵が沢山おり、あなたのご相談をお聞きいたします。



所在地:大阪市中央区伏見町2-2-6 ギャラリー遊気Q内 フィリポ・ロマネスク探偵社

お問い合わせ先:takaoamori@yahoo.co.jp


d0372815_20530109.jpg


***********************************************************************************


◆ファラオの花束 013



d0372815_20551205.jpg





自分が実際にしゃべっている中でどの一人称を使っているかあんまり意識したことはありません。


「俺」は強そうなのであんまり使ってない気がします。


「僕」は使っている気がします。


「私」はどうだろう?「わし」はたまに使っている自覚がありますね。


「自分」もありますね。


お話したことある人のイメージはいかがでしょうか?


反対にメールやツイッターなどの文書を書く時はすんごく気にしてしまいます。


なんか小っ恥ずかしいんですね。


話していることをそのまま文章にできる人が羨ましくて仕方がないです。


読んでいてその人の顔や声、口調が思い浮かぶことがありますが、すごいことですね。


文章だとなんか堅くなってしまいます。失礼しました。

[PR]
by amori-siberiana | 2018-11-07 20:56 | Comments(0)


北浜というビジネス街を独立させようと企む、ヒゲの総帥のブログです。